雑なA型によるクラウドとモバイルと運営と

大阪でJAWS-UG OSAKAとInnovation EGGを運営している人のBLOGです。時々更新します〜

いきものがかりから見た、春のJAWSUG三都物語の講師陣その4 jawsugは横の繋がり、その繋がりがsencha touch界の重鎮を召喚


講師集めのお話になりますが、
集め方にも色々ありますが、
JAWSUGに参加する方は人脈が
沢山ある方が多く、
実は交友関連で自分の知り合いどうしが繋がっていたって話も多いです。
Facebookなんかを見ると、
あれ?って思ったりする時も多いですね。

そして今回、沢山の技術の訳本をオライリーから出している、
昼はスーパーエンジニア•夜は技術書の翻訳、そして実は料理の腕も高い、Sky株式会社の玉川エヴァンジェリスト
<MongoDB on AWS>
のセッションでご登壇されます。

下記は訳書のMongoDBイン・アクション

下記はhadoop時の記事

JAWSUG大阪でも何回かご登壇されており、
その他の勉強会でも引っ張りだこな玉川さんですが、
今回も登壇依頼を出したのですが、
もう一人心当たりがいるから
誘ってみると返事をしてくれ
待つこと一ヶ月、
ふと連絡をくれたら
参加してくれるのは
<sencha touch 2 実践開発ガイド>
の執筆作業で忙しい筈の
sencha touch界の重鎮
中村 久司さん
で、講演タイトルは
<Senhca Touch working with AWS>
と、凄い講師が召喚?して頂き
内容もAWSとSenhca Touch の
コラボレーションな講演内容。

WEB関連やモバイル関連(androidやiosの開発者)の方は
この講演内容だけでも来るべきでは無いかと思ったりします。

是非ご参加を

#今回unioceが感じるのは繋がりとお祭り関連はお願いを色々してみるものだってのが、素直な感想です。
皆様お祭り好き

参加ATNDはこちら