雑なA型によるクラウドとモバイルと運営と

大阪でJAWS-UG OSAKAとInnovation EGGを運営している人のBLOGです。時々更新します〜

【cloudpack 大阪 BLOG】pagerduty始めました・・・[イレギュラーな事態が発生した時の対応方法その①]

pagerdutyによりアラートに対する見える化(発生・対応中・クローズ・分析)が

出来るようになるわけですが、

pagerdutyに関係なくサービスとしてイレギュラーな事は日々現場で発生します。

 

pagerdutyに関連する事象だと管理対象であるサービスの急なメンテナンスへの対応やアラート対応の担当者の急な予定変更etc

 

今回はそんなイレギュラーな対応をpagerdutyでどうオペレーションするのか記載します。

 

サービスの急なメンテナンス

pagerdutyはアラートをインシデントとして管理する為に、サービスのメンテナンス時などで監視サーバー(nagiosやsensu etc)でアラート通知をOFFできない場合に、

pagerduty側で通知受付を止める事が出来ます。

通知を放置していると担当者によるクローズの操作も必要になりますし、後で分析したい場合のノイズになるので、メンテナンスをちゃんと認識して対応しておく必要があります。

Maintenanceに対する方法は3種類あり、いずれも簡単な操作で対応は可能です。

 

まず対象のサービスを選択して詳細画面を表示します(編集画面への遷移は不要です)

f:id:unioce:20150721161016p:plain

 

画面右側のUIに

•Schedule new maintenance

•Disable this service

•Immdeiate Maintenance

があり、そのどれか何れかを選択する事により、Maintenance状況にサービスを変更できます。

 

Schedule new maintenance

Maintenanceを時間で設定する事が可能です。

※Schedule new maintenanceを複数回操作する事により、Maintenance期間を複数期間設定する事も可能です。

f:id:unioce:20150721163227p:plain

 

Immdeiate Maintenance

5 min•15 min•30 min•60 minから1clickで選んだ時間内でMaintenance状態に出来ます。

 

なおSchedule new maintenance/Disable this serviceで時間指定をしてMaintenanceに

解除する場合は、

f:id:unioce:20150721164358p:plain

Maintenance中に上記UIが右側に表示されますので

editを選択して、Edit Maintenance Windowを開き

f:id:unioce:20150721165346p:plain

End this maintenance window now

を押下する事により、Maintenanceを解除できます。

※上記UIからMaintenance時間の変更も可能です。

 

Disable this service

Maintenance期間設定無しにいきなり止めます。

Enable this serviceですぐに再開できるので、Maintenance期間が未定な場合に使います。

 

このようにpagerdutyは簡単にMaintenance状態に設定する事が可能です。

もう一つのイレギュラー対応は次回のブログで。