雑なA型によるクラウドとモバイルと運営と

大阪でJAWS-UG OSAKAとInnovation EGGを運営している人のBLOGです。時々更新します〜

【cloudpack 大阪 BLOG】Datadog始めました(DatadogでAWSのインスタンスを監視してみる)

cloudpackにもDatadogの波が訪れようとしているようで

http://blog.animereview.jp/post/125830929756/datadog-mtg

blog.animereview.jp

BLOGを書いたシンジさんからDatadogすげーんで今からデモ見せるんで
試してみてくださいとデモをしてもらったのですが、

これはスゲーを連発したこのDatadogは、

よくよく考えてみたら2年ぐらい前のAWS re:Inventの時?に確か
ブースでデモを見ていて、

その時もスゲーを連発していたらなんかグッズを貰ってきたのですが、

記憶が封印されてました・・・汗


その時はMSPをするなんて全く認識していなかったので、

インフラの監視がどんだけ大変か?を知る由も
無かったのですがMSPをやるようになり、

自分で監視設定もやったりするようになってから再度シンジさんの
デモを見るとこれは本当にヤバいって感じになりました。
監視対象のインフラの過去から現在の状況をDatadogで収集、

そして現在発生したインシデントをpagerdutyで管理・・・という
バラ色?の未来の為にとりあえず自分のアカウントで試してみます。

ちなみにAWSコンソール上のEC2はこんな感じ(ELBも登録していますが記載しません)

f:id:unioce:20150816202754p:plain

f:id:unioce:20150816202847p:plain

 

とりあえずはDatadogで使うIAMの作成。

AWSコンソールに入ってIAMを作成します。

IAMで必要なJSONは下記に記載していますので

Datadog Docs - Datadog-AWS Cloudwatch Integration

ここのをぺたっと貼付けます。

 

そしてDatadogにログインし(5インスタンス以下なら無料ですので

無料アカウントで試してみる事をお勧めします)ログイン後に

f:id:unioce:20150816202103p:plain

integrationsを選択し、

f:id:unioce:20150816202125p:plain

沢山並んでいるDATADOGで使えるサービスの中から

f:id:unioce:20150816202208p:plain

のAvailableをクリックし有効化を行います。有効化したら

f:id:unioce:20150816202252p:plain

となっているので、フォーカスをあてると

f:id:unioce:20150816202335p:plain

とUIが変わりますので、Configureを選択すると

f:id:unioce:20150816202945p:plain

が出てくるので、Access Key IDとSecret Access Keyを入力し

f:id:unioce:20150816203103p:plain

で監視対象を選択し、Update Configurationをクリックすると反映され、少し時間を置くと、

f:id:unioce:20150816203426p:plain

とDatadog上にインスタンスのリストが表示され、

f:id:unioce:20150816203503p:plain

 な情報が取得できるようになりました。
本当に運用にのせるには、上記の設定だけではすまないですし、
Datadogの本当の良さにはたどり着きませんが、
とりあえずDatadogを試すのは本当に簡単なので、
一度試してみてはいかがでしょうか?